« エポスについて | メイン | デヴィ夫人 »

グリーンマイル

トム・ハンクスが主演の「グリーン・マイル」、、、もうだいぶ昔に見たのですが、
今また見たい映画です。
アメリカのその当時の刑の執行は電気椅子でした(今もか?)、
そこに行くまでの廊下が緑いろなのでこう呼ばれています。

ジョン・コーフィーという大きな男が運ばれてきますが、自分(トムハンクス・むろん、役として)の病気を治してしまうジョンにだんだん「こいつは無実なのでは?」と思うようになるんですね。
じっさい無実だったわけですが。
でもジョンは死んでしまいます、死にたかったんです。

日本の死刑の場所にもこんな廊下があるはずで、何色かどうかは分からないけど、
死刑囚はそこを通って市競馬へいくわけです。
嫌ですねー・・・・。

刑を執行する側も嫌なんだそうです。
3人とか4人が同時にボタンを押して誰の押したもので床があくのかは分からないようになってるそうで。
更にその日はそのまま帰ってもいいそうです、というか、帰らされる。

アメリカでも死刑はあって、もし死刑に失敗して生きていられたら二度と行わないそうですよ。
じっさいにそういう人もいるんですって。
ずっと刑務所で暮らすんでしょうねー。

「グリーンマイル」でもありましたが、お水を含ませないで電気を通したためにすざまじい匂いが出て気分悪くなる人もいて、でもこれってじっさいにアメリカであったそうなんです。

もちろんお水をわざとひたさなかったのではなくて、点検ミスだそうで。
なかなか死なず、死ぬまで相当苦しみ、また見てる人も匂いとか気分悪くなったのだとか。

どうしてアメリカは死刑執行を公にするんでしょうねー・・・・嫌だぁ。。

今は駐車だkで死んでしまうものもありますが、日本はまだ絞首刑なんですね。
あーあ。。。暗くなるからやめよう、こんなネタは。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lizardmusic.com/mt3/mt-tb.cgi/59

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年11月01日 23:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「エポスについて」です。

次の投稿は「デヴィ夫人」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38